【ランドセル人気比較】2019年おすすめランキング

ランドセル選びは簡単なようで実は難しく、子供の要望を参考にしつつ、さらに保護者の意見も重視してより良い製品を選択する必要があります。

毎年新しいシリーズが各メーカーから登場しますが、デザインや機能性などが進化しています。人気のランドセルブランドから選ぶと失敗する可能性が低くなるので、是非とも参考にしてください。

ランドセルを選ぶ時のチェックポイント

小学生にとって必要不可欠なランドセルを選ぶ際に注意したいチェックポイントがいくつかあります。「ブランドの人気度」「価格」「バリエーションの豊富さ」「機能性の高さ」がポイントになります。

人気があるブランドは実際にたくさんの子供に使用されているので安心して購入できますし、また価格も購入の際には不可欠な要素です。

カラーや素材、デザインなどのバリエーションが豊富だと子供も自分にぴったりの製品を選びやすくなり、また使い勝手を考えた場合は機能性の高さにも注意したいです。

それ以外にも、補償制度の有無や製造工程、丈夫さもチェックすると良いでしょう。

人気ランドセルブランド7選

カバンのフジタ

様々な種類のカバン作りを手掛けており、積み重ねられてきた実績をもとにランドセル製造も行っています。

基本的にはシンプルで上品なデザインが多くありますが、とても目立つシルバーのヘリコンビギャラクシーは他社メーカーのランドセルを含めてもトップクラスの注目度が得られます。

しっかりキューブ技術のおかげで型崩れしにくくて、毎日背負いやすい工夫がなされています。特に「安心・安全」に注目しているので、保護者も安心できそうです。

TAKUMI

TAKUMIは株式会社モギカバン店が作っているランドセルシリーズの中の1ブランドで、名前の通り匠が心を込めて作っています。

たくみエクセレントは5万円で、スタンダードバージョンは6万円、コードバンを使用した高級なものは9万8,000円となっています。価格以上の価値を有し、一般的に市販されているランドセルとは耐久性やデザインなどに大きな違いがあります。

土屋鞄

株式会社土屋鞄製造所はランドセル以外にも高品質な各種カバンを取り扱っていて、ものづくりに関する技術力や想いを最大限発揮しています。6年間の保証制度を準備しているので安心して購入でき、専門の職人が無料で修理をしてくれる点は大きな強みです。

本格的な牛革やコードバンなどを使用し、用意されているカラーバリエーションも非常に豊富で、特にプレミアムカラー製品は独自性溢れる色なので他の子と被りにくい点も魅力でしょう。

土屋鞄は一大ブランドとして支持されていきますので、クオリティの高いランドセルが手に入るでしょう。

フィットちゃん

フィットちゃんはハシモトのランドセルブランドで、トップクラスの知名度と人気度を誇っています。安全性に配慮したモデルや高級感溢れる革を使用したタイプなどが自慢で、黒や赤の定番色以外にもパールメタリックやコンビといったカラーバリエーションもあります。

予算やデザイン、サイズ、機能性や素材をもとに選びやすく、さらに子供や保護者の意見を反映させたオーダーメイドも可能です。

全国各地にショールームを用意し、さらに出張展示会も行っていて展示会では137種類のランドセルを間近で見ることができ、実際に背負えて選びやすいです。

天使のはね

天使のはねは株式会社セイバンが展開するランドセルブランドで、とにかく人気が高くて実際に数多くの小学生が使用しています。

6年間修理保証制度が用意されているので、対象となる故障や破損の場合は無料で対応してくれ、さらに代替ランドセルの貸し出しもあるので不自由しません。
数多くの子供が選んで毎日使っているということは、天使のはねシリーズがいかに愛されているかわかるでしょう。

ふわりぃ

クラリーノランドセルの生みの親と知られる株式会社協和が展開しているブランドで、実店舗やネットショップで相当な人気を集めています。

収納力や軽さ、素材をはじめとした各種こだわり要素などから選択することができ、7項目から選べるイージーオーダーや14項目から選択できるフルオーダーランドセルも支持されています。

フルオーダーランドセルの場合は全部で100万通り以上の中から自分に最適なものが作れ、ランドセルに対して愛着を持ちやすくなります。人気製品の価格帯は5万円台が多く、中にはWEB限定で販売されている3万円台のものもランクインしています。

ララちゃん

株式会社羅羅屋が展開しているランドセルブランドのララちゃんは、子供の使いやすさや丈夫さ、安全性にも配慮しています。

小学1年生から6年生までの間使い続けられるような取り組みがなされ、日常の中でついてしまいがちな傷にも強いです。収納力も優れていますし、ランドセルをかけやすい持ち手の存在もこのブランドの強みです。

ランドセルってどんな素材でできてるの?

カラーやデザインにばかり注目しがちなランドセルですが、耐久性や品質のことを考えると素材にも注目すべきです。他のカバン同様にランドセルも牛革やコードバン、クラリーノなどが使用されています。

牛革は牛の皮をなめして作られるもので、コードバンは馬の臀部の皮で、これらの素材は人気があり価格帯も少々高く設定されています。牛革は高い耐久性が期待でき、品の高さを感じさせ、コードバンは長期間使っても劣化しにくく独特の触り心地を実現させます。

それに対してクラリーノは人工皮革なので価格帯が安い傾向にあり、低予算でランドセルを用意したい際におすすめです。

軽量のランドセルを作る際に用いられることも多く、しっかりと加工がされていることも多いので防水効果や傷に強いといった特徴もあります。

素材もランドセル選びの際に重視したい要素のひとつではありますが、機能性やカラー、デザインなどに比べるとどうしても注目する人は少ないです。素材によってメリットやデメリットがあるのでそれらを把握した上で選ぶと、後悔しない選択に繋がりそうです。

ランドセルを通販で買う時の注意点は?

ランドセルの購入方法は大きく分けて「実店舗」と「通販」に分類することが可能です。

インターネットが普及するまでは大型スーパーやホームセンター、百貨店などで買うことが一般的でしたが、ネットショップの充実により通販購入の希望者も増加しています。

通販はとても利便性が高くて実際にお店に足を運ぶことなく注文が可能で、ランドセル選択の際に必要となる情報も得やすく、口コミ確認も容易です。しかし通販で買う時には注意しなくてはいけない点もたくさんあります。

「実際に手に取って購入できない」という点が最大の注意点となりますが、これは事前に近所のお店で実物確認ができるのでクリアしやすい問題です。

他には、通販サイト次第では「在庫切れ」になっていて購入できなかった…という問題も発生しますし、同じ商品をいろいろなネットショップで販売しているのでややこしいという問題も発生するでしょう。

このように注意したいポイントはいくつかあるのですが、デメリット以上に圧倒的にメリットが大きいです。

まとめ

ランドセルはしっかりと見極めて選ぶことが重要で、様々なチェックポイントをクリアしているかどうか確認したいです。子供によってこだわる部分が違い、例えば素材や耐久性、デザインなどがこだわり要素となります。

実店舗ではなくて通販で購入する例も増えつつありますが、その際には事前に実物確認をしておき、在庫確保などが信頼できる業者かどうかについてもチェックしておきたいです。

その他の記事